https://aji50life.com

アカヤシオ探しに『三床山』へ6.1km

更新日:

登山口をトンネルのように飾る桜
シニア隊員七福神さま
( ◠‿◠ )狛犬の「阿吽(あうん)」で盛り上がっとったのぉ。
レッツゴー
振り返って景色を眺め、写真を撮るワンシーンです。

床山

三床山(みとこやま)
標高:335m

三床山の山名標識
三床山の三等三角点で三本指
南側の眺望が開けていました。
シニア隊員七福神さま
天候によっては、富士山やスカイツリーも見えるそうじゃよ。
北側の斜面にチラチラと咲いているアカヤシオ を撮る、撮る、撮る♪

ヤマツツジやミツバツツジも咲いていました。
そして、小三床山、鳥ヶ岳、つつじ山、桜山と、いくつかの頂を踏んでいきます。
足元でホコリタケを発見!
いやこちらはツチグリだそうです。
ついに自力でツチグリを発見です!

ツチグリ
分類:ツチグリ科ツチグリ属のキノコ
ツチグリ(土栗)は、ツチガキ(土柿)ともいわれる。
丸い袋の先にある穴から、ホコリのような胞子を放出する。

ひとつ見つかると次々に見つかったツチグリ

こちらはクスサンの繭だそうです。
何か心躍る生態なんだそうです。

クスサンの繭
クスサンというヤママユガ科の大型のガが、秋に羽化するために、初夏につくる繭。
壁面は網目模様に透け「スカシダワラ(透かし俵)」と呼ばれる。

ホント、芸術的なカタチをしています。

念願だったエイザンスミレを知ることもできました。
なんて清らかな風貌なんでしょう!

エイザンスミレ
分類:スミレ科スミレ属の多年草
花期:4〜5月
花言葉:「茶目っ気」など

川沿いのカタクリやスミレの咲く場所でひっそりとハッキリの咲いていました。

さぁ、いよいよ、360度の大きな眺望の待つ頂です。
再びアカヤシオもチラチラと、その彩りが見え始めました。

床山

シニア隊員七福神さま
この「一床山(ひととこやま)」と、この後に続く「二床山(ふたとこやま)」は、愛好家がつけた愛称なんじゃて。
歩いて来た峰々を振り返って
一床山の山名標識で一本指
バンザーイ
至福のひととき

床山

二床山の山名標識で二本指

最後に踏むのは高松という頂でした。

いろんな花々

(*゚▽゚*)すごぉ〜い!
セミシニア隊員2号

活動記録

天気:曇り
スタート:9:15
ゴール:16:22
距離:6.1km
累積標高差:614m/614m
消費カロリー:1.836kcal
撮影枚数:200枚くらい

YAMAPスクリーンショットより

おわりに

この距離の中で、アップダウンといろんな景色、花々と自然を楽しむことができ、充実した山行でした。
山の先輩方の話す言葉は、ひとつひとつ新鮮で、トキメキが溢れました。
「三人娘デビュー」と笑い合いました。

セミシニア隊員1号
ありがとうございました。
5+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-春の散策, 登山, 群馬県以外の散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.