https://aji50life.com

『崇台山』早朝散歩の覚書

更新日:

新型コロナウィルス感染拡大防止対策としての自粛中には在宅勤務となり、そのため運動不足やストレスの解消も兼ねて、早朝に散歩をしていました。
その時の様子を簡単に残しておきます。

2020-4.29

イタチに遭遇

少し足をのばして、里山の麓に広がる田園風景を楽しみました。

崇台山の桜並木
新緑の桜並木
崇台山で見たイタチ
草陰からこちらを見ていたイタチ
2020-4-30

初めての道もチャレンジ

地図を片手に、道があるので進んでみました。
藪を漕いだり、細い斜面もあったり・・・。
ほんの100mほどの出来事でしたが、山気分を満喫でき満足しました。
マムシとイノシシに注意せよと忠告を受けました。

崇台山の登山道を彩るヤマツツジ
遊歩道を彩るヤマツツジ
森林浴満喫できる崇台山の登山道
森林浴
笹薮トンネルもあった崇台山の登山道
笹藪トンネル
2020-5-1

オダマキを愛でに

山頂で、武尊山方面を望む足元咲くオダマキを愛でに行きました。

崇台山で見た白いケマン
白のケマン(エンゴサクか?)
崇台山で見たオダマキ
崇台山の頂の北東側に咲くオダマキ
御荷鉾山方面を眺めながら歩く、崇台山の頂から南側の斜面
御荷鉾山方面を眺めながら歩く、頂から南側の斜面
2020-5-2

で『桜』アート

留まる山時間の楽しみ方をまたひとつ知った気持ちになりました。
アートは翌日には、花びらのかたまりになっていました。

崇台山の登山道で作った、落花したウコン桜の花びらで『桜』
落花したウコン桜の花びらで『桜』
崇台山の登山道にある凝灰岩
凝灰岩

凝灰岩
火山灰や火山礫(かざんれき)が固まったもの。
1千万年~2千万年前の新生代第三紀にできた岩。
/看板に掲載箇所を抜粋

崇台山の登山道で、藤の枝にとまるアオサギ
藤の花に包まれ休むアオサギ
2020-5-3

時間満喫

少し早く起きて、少し早く登頂し、特等席に滞在し、少し長めのコースを歩きました。

筑波山方面を横目に、ツツジ群生地の特等席
筑波山方面を横目に、ツツジ群生地の特等席
富岡市側の登山口に咲くオオデマリ
富岡市側の登山口に咲くオオデマリ
2020-5-4

地図に載っていない道

毎日登る会の方々から、地図に載っていない道を教わり、歩いてみました。
とても気に入って、その後も度々歩きました。

足元にも緑広がる杉林
足元にも緑広がる杉林
落花した桐の花
落花した桐の花
2020-5-5

今日も少しずつ初めての道にチャレンジ

せっかくなので、歩いたことのない道も色々散策してみよう!と思い、じっくりゆっくり崇台山の空気を吸いました。
このあと日に日にコースタイムがスローになり、滞在時間が長くなっていきました。
定刻には職務につくため、早寝早起きが加速しました。

足元に花咲く田畑の作業道
足元に花咲く田畑の作業道
崇台山の富岡市側登山口の溜池で休む鴨
富岡市側登山口の溜池で休む鴨
休憩に丁度良い切株ベンチ
休憩に丁度良い切株ベンチ
2020-5-6

小枝プレートの日付更新

「その日の1番に登頂した人が、日付を変えている」とは聞いていたけれど、なんとなく蚊帳の外というか、その輪には混ざらない気持ちでした。
が、この日はついに思わず変えてしまいました。
もうずっと1番だったので、たまにはいいかなと思ってしまって...(笑)。
ところが皆様快く受け入れてくださいました。

日付更新
筋色が紫と白と青のホタルカズラ
筋色が紫と白と青のホタルカズラ
中高尾の神社
中高尾の神社
2020-5-7

未舗装の道を求めて

崇台山は舗装道路を歩くコースが多いので、少しでも土の上が歩けて...できれば5km程ぐるりとまわれるコースはないものかと、新たな目標がフツフツと湧いてくる毎朝でした。
マムシ対策を調べ実行しつつ、初めて歩くコースを進むと、ギンランを発見することができました。

崇台山の頂から見た浅間山
崇台山の頂から見た浅間山
米山薬師堂
米山薬師堂
陽だまりの気持ち良さ
陽だまりの気持ち良さ
ギンラン
ギンラン
2020-5-8

突然やってきた最後の朝

その日は突然やってきました。
「明日から店舗勤務ですよ。」と。
嬉しくもあり寂しくもあり・・・。
最後の朝に、朝焼けの広がる空が見られ、素敵な旅立ちを予感してしまいました。

崇台山の頂から眺めた武尊山
崇台山の頂から眺めた武尊山
ガビチョウ
ガビチョウ
シニア隊員七福神さま
ガビチョウは、日本の侵略的外来種ワースト100選定種なんじゃて。
綺麗な鳴き声じゃよ。
2020-5-13

久しぶりの崇台山

店舗勤務が始まってから初めての休みに、仕上げの散歩に行きました。
数日間、毎朝歩いた崇台山のコースのなかで、できるだけ土の上を踏める場所を歩き、自粛中の散歩道の仕上げといたしました。

朝日を浴びて
朝日を浴びて
崇台山の頂の北西側に咲くフタリシズカ
崇台山の頂の北西側に咲くフタリシズカ
長学寺のシャガ
長学寺のシャガ
山頂南側のツツジ群生地
山頂南側のツツジ群生地

これまで歩いた崇台山の軌跡

濃い色ほど多く歩いた場所

実際には1日100枚程度の撮影をしていたので、思い出もその分以上に沢山あります。
花々も、ウコン桜からツツジへと、四季の移り変わりを見ることができました。
また冬場の雑草少ない時期に、探検しながら歩いてみたいような気もします。
緊急事態宣言が解除になり、日々の暮らしにも少しずつ笑顔になれる瞬間もできるようになったのではないかと思っています。

4+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-山散歩, 春の散策, 群馬の四季を散策
-, , ,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.