https://aji50life.com

初夏の『尾瀬ヶ原』水芭蕉ウォーク16.7km

更新日:

2020-5-23尾瀬の営業が再開
2020-6-1尾瀬山ノ鼻ビジターセンターなどの営業も再開
●戸倉⇄鳩待峠乗合タクシー片道1.000円
●尾瀬第1駐車場1日1.000円

水芭蕉の尾瀬ヶ原』を歩いてみよう!

鳩待峠の尾瀬国立公園の看板右側に置かれた「尾瀬入山にあたって」の裏面に案内されている初級者トレッキングコースを歩く。

登山道には雪が残り、少し肌寒い
登山道には雪が残り、少し肌寒い
森で見られたムラサキヤシオに心が躍る
森で見られたムラサキヤシオに心が躍る

尾瀬ヶ原で人気の撮影スポット

尾瀬ヶ原は日本最大の産地湿原といわれ、木道は総延長60kmに及び、撮影スポットは色々と点在している。

尾瀬ヶ原湿原と木道

上田代から始まる広大な湿原

目の前に燧ヶ岳、足元にはミズバショウのチラチラと咲く、上田代の木道
目の前に燧ヶ岳、足元にはミズバショウのチラチラと咲く、上田代の木道
ぐんま百名山の景鶴山を目の前に、竜宮十字路を背にした木道
ぐんま百名山の景鶴山を目の前に、竜宮十字路を背にした木道
シニア隊員七福神さま
尾瀬の木道は右側通行が原則じゃよ。

尾瀬ヶ原の池塘

上田代は池塘も多く「ユルギ田代」とも呼ばれ親しまれている。
夏は水中植物の葉が池塘を覆い、8月上旬〜9月中旬にはヒツジグサの見られる池塘もあるそうだ。

浮島にショウジョウバカマの咲く池塘
浮島にショウジョウバカマの咲く池塘
燧ヶ岳方面に向かって続く木道脇の池塘
燧ヶ岳方面に向かって続く木道脇の池塘
(°▽°)空や雲も池塘に写ってキレイ。
セミシニア隊員2号

尾瀬ヶ原鏡面絶景

ヨッピ道の池塘から見た逆さ燧
ヨッピ道の池塘から見た逆さ燧
雪残る至仏山
雪残る至仏山
上ノ大堀でミズバショウの咲く風景
上ノ大堀でミズバショウの咲く風景
セミシニア隊員1号
上手く撮れなかったけれど、カメラマンに人気のスポットは、この池塘から見られる逆さ燧。
湿原に置かれた木に立って、逆さ燧の記念撮影
湿原に置かれた木に立って、記念撮影。

夏に、朝霧の消え始める頃、見晴や竜宮から見られることのある白い虹も、人気の撮影スポットのようだ。

コース見られた花々

尾瀬の花々は900種類以上といわれ、日本有数の高山植物の宝庫。

尾瀬ヶ原の花の見頃
ニッコウキスゲ:7月中旬〜下旬
草紅葉:9月中旬〜下旬

本コースで見られた花々の一部
本コースで見られた花々の一部

リュウキンカ

リュウキンカ
分類:キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草
花言葉:「必ず来る幸福」「富」など
●水辺や湿地、ミズバショウ群生地なとで見られる
●尾瀬を代表する名花
●5月中旬〜7月上旬に竜宮十字路あたりに群生している

木道にあふれるリュウキンカ
木道にあふれるリュウキンカ

ワタスゲ

ワタスゲ
分類:カヤツリグサ科ワタスゲ属の多年草
花言葉:「揺れる思い」「努力する」など
果穂の時期:6月中旬〜7月中旬
●中田代で、揺れるワタスゲを見ながら、木道を歩くことができる。

木道脇でふわふわと綿毛をつけ始めたワタスゲ

森では足元にオオバキスミレやコミヤマカタバミを、湿原ではショウジョウバカマやタテヤマリンドウを、多く見ることができた。

セミシニア隊員1号
今回は見つけられなかったけれど、「ミツガシワ」という花弁の内側に毛の密生した白い花も見られるそうです。

尾瀬ヶ原ミズバショウ群落地

尾瀬ヶ原のミズバショウの見頃時期:5月下旬〜6月中旬

テンマ湿原

小さな湿原で、ミズバショウ、ニッコウキスゲ、コオニユリ、カエデやダテカンバの紅葉と、四季折々の自然を楽しむことができる。

間近で密に咲くテンマ湿原のミズバショウ
間近で密に咲くテンマ湿原のミズバショウ

ノ大堀

ガイドブックなどにも多く掲載されている、カメラマンにも人気のスポット。

至仏山を背景に、中田代下ノ大堀のミズバショウ群落
至仏山を背景に、中田代下ノ大堀のミズバショウ群落

竜宮現象入口の木道から

竜宮十字路は、尾瀬ヶ原の中央あたりに位置している。

竜宮現象入口のミズバショウ
竜宮現象入口のミズバショウ

植物研究見本園

植物研究見本園入口で一面に咲くミズバショウ
植物研究見本園入口で一面に咲くミズバショウ

植物研究見本園は、1周約40分(半周約20分)

セミシニア隊員1号
東電小屋分岐周辺もミズバショウが群生しているそうです。

ミズバショウ

ミズバショウ
分類:サトイモ科ミズバショウ属の多年草
花言葉:「美しい思い出」など

雪解け水の中でも咲いていたミズバショウ
雪解け水の中でも咲いていたミズバショウ
シニア隊員七福神さま
花々の見頃時期の週末や、夏休み前半の7月下旬〜8月上旬は、大混雑じゃ!

ツバメ

山ノ鼻で大群で舞っていたツバメ
山ノ鼻で大群で舞っていたツバメ

旅鳥であるイワツバメとのこと。

シニア隊員七福神さま
夏になると尾瀬で子育てをするため、小屋の軒下で巣作りをするんじゃて。

尾瀬は、平成19年に日光国立公園から独立し「尾瀬国立公園」となった。

活動記録

天気:晴れ
スタート:7:58
ゴール:16:42
標準コースタイム:約6時間(「尾瀬入山にあたって」による)
距離:16.7km
累積標高差:266m/263m
消費カロリー:2.620kcal
撮影枚数:180枚ほど
使用カメラ:デジカメ・一眼レフともにCanon

YAMAPの軌跡のスクリーンショット
YAMAPの軌跡のスクリーンショット

YAMAPの投稿はこちらから。
水芭蕉ウォーク『尾瀬ヶ原』

草紅葉シーズンの尾瀬ヶ原の様子は、こちらからどうぞ。
2018年9月末
セミシニア隊員2号
おわりに

「水芭蕉」「ミズバショウ」について、読みづらかったかも知れませんが、見出しなどでは文字数が多くなってしまうので漢字に、本文ではカタカナにしました。
最後までご覧くださり、ありがとうございました。

2+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-山散歩, 春の散策, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.