https://aji50life.com

初夏の群生する花々を堪能『八間山・黒渋の頭・弁天山』11.8km

更新日:

山のSNSで「野反峠のシラネアオイ群生地に行ってきた」という投稿が増え始め、新聞にも掲載されていました。
新型コロナウィルスへの不安と新生活様式に奮闘するなか、今年もいよいよ野反湖シーズンがやってきたんだなと、心が明るくなるような気持ちです。

目次

本コースでの様子
本コースで見られた花々
群生していた花々
(シラネアオイ 、タケシマラン、ミツバオウレン、ナエバキスミレ)
活動記録

野反湖外輪山に咲く初夏の花々

富士見峠から出発し、まずは話題のシラネアオイ群生地へ。
足元では、ショウジョウバカマやイワカガミ、ミツバオウレンなどが、前日の雨や夜露に濡れてしっとりと咲いていた。

足元でしっとりと咲いていた花々
足元でしっとりと咲いていた花々

本コースでの様子

コマクサ群生地に咲いていたイワカガミ
コマクサ群生地に咲いていたイワカガミ
開けた場所から眼下に広がる野反湖
開けた場所から眼下に広がる野反湖
八間山の山名標識と三角点
八間山の山名標識と三角点
八間山の頂から見た黒渋の頭や白砂山
八間山の頂から見た黒渋の頭や白砂山
黒渋の頭の道標

黒渋の頭の道標
黒渋の頭から八間山へ向かう稜線
黒渋の頭から八間山へ向かう稜線
野反湖東岸の森
野反湖東岸の森
モリアオガエルが住むという小沼
モリアオガエルが住むという小沼
彼方此方で足元を彩っていたキジムシロ
彼方此方で足元を彩っていたキジムシロ
野反湖東岸のベンチから眺めたエビ山
野反湖東岸のベンチから眺めたエビ山
最南の岸から眺めた野反湖
最南の岸から眺めた野反湖
ノゾリキスゲ群生地に咲いていたショウジョウバカマ
ノゾリキスゲ群生地に咲いていたショウジョウバカマ
弁天山の山名標識と石祠
弁天山の山名標識と石祠
野反湖休憩舎駐車場
野反湖休憩舎駐車場

標準コースタイムは、約5時間半とのことです。

セミシニア隊員1号
野反湖休憩舎も2020-6-16から営業再開とのことです。

本コースで見られた花々

アズマシャクナゲ
アズマシャクナゲ
オオカメノキ
オオカメノキ
いろんな花々
いろんな花々

群生していた花々

セミシニア隊員1号
(*´-`)うまく撮れたものを抜粋。

つまりは、マイヅルソウかしらと思われる花も沢山の蕾をつけていたり、フモトスミレやコミヤマカタバミなど、多くの花々が群生して咲いていたのだ。

シニア隊員七福神さま
グリーンシーズン到来じゃの。

シラネアオイ

シラネアオイ (白根葵)
分類:キンポウゲ科シラネアオイ属の多年草
別名:ヤマフヨウ(山芙蓉)・ハルフヨウ(春芙蓉)
生育場所:亜高山帯の深山
花言葉:「完全な美」「優美」など
●群馬県では純絶滅危惧種に指定されている。

野反湖に向かって見下ろしたシラネアオイ群生地
野反湖に向かって見下ろしたシラネアオイ群生地

タケシマラン

タケシマラン(竹縞蘭)
分類:ユリ科タケシマラン属の多年草
生育場所:山頂帯上部から亜高山帯
花後:赤い果実になる
花言葉:「変わらぬ愛」など

木の株元で群生していたタケシマラン
木の株元で群生していたタケシマラン

ミツバオウレン

ミツバオウレン(三葉黄蓮)
分類:キンポウゲ科オウレン属の多年草
別名:カタバミオウレン
花言葉:「栄誉」など
生育場所:亜高山帯から高山帯

八間山の山頂直下で群生していたミツバオウレン
八間山の山頂直下で群生していたミツバオウレン

ナエバキスミレ

ナエバキスミレ(苗場黄菫)
分類:スミレ科スミレ属の多年草
生育場所:亜高山帯
花言葉:(オオバキスミレ「田園の幸福」「信頼」など)
●オオバキスミレが小型化した品種

八間山⇄黒渋の頭の稜線で多く見られたナエバキスミレ
八間山⇄黒渋の頭の稜線で多く見られたナエバキスミレ

活動記録

標準コースタイム:5時間24分
天気:晴れのち曇り
スタート:7:03
ゴール:16:38
活動距離:11.8km
累積標高差:772m/772m
消費カロリー:2.753kcal
撮影枚数:300枚

YAMAPの軌跡のスクリーンショット
YAMAPの軌跡のスクリーンショット

YAMAPの投稿はこちらから。
お花♡『八間山・黒渋の頭・弁天山』 https://yamap.com/activities/6558079

おわりに

写真の腕と花々の知識があれば、また違ったブログも書けるだろうになぁと思いました。
ですので脚力などのアップを目指して、せめてもう少し撮影時間がとれたらいいのかななどと思いました。

(*´∇`*)ますます山での滞在時間がのびるかもぉ〜。
セミシニア隊員2号

ノゾリキスゲ八間山2018-7
イワカガミを堪能した八間山2019-6
野反湖の湖畔一周2019-7

3+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-夏の散策, 登山, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.