https://aji50life.com

『尼ヶ禿山』とワタスゲの『玉原湿原』7.7km

更新日:

梅雨入りした日の朝、昼頃まで曇りの予報でした。
せっかくの休みなので、雨の降る前に、ちょっと話題の『玉原湿原のワタスゲ』を見に行こうと思いました。
湿原から近くの『尼ヶ禿山』の山頂からは眼下に『玉原湖』も望めるとのこと、踏破しておこうと出発!

尼ヶ禿山』と『玉原湿原』の様子

出発時の駐車場に車はなく、下山時には3台と大型バスが1台ありました。
山行中にすれ違ったのは、YAMAPのフォロワーご夫妻のみでした。

尼ヶ禿山』

尼ヶ禿山(あまがはげやま)
標高:1.466m
赤城山の眺望が良い

ガイドブックなどには特に掲載されておらず静かな山といった印ですが、踏み跡もしっかりとしていて、危険なところもありませんでした。
足元に咲く季節の花々と、ブナの木の緑を楽しみながら、登頂します。

ブナの大木と豊かな緑
ブナの大木と豊かな緑
尼ヶ禿山の山名標識と三角点
尼ヶ禿山の山名標識と三角点
尼ヶ禿山の頂から見た、玉原湖と武尊山の裾野
尼ヶ禿山の頂から見た、玉原湖と武尊山の裾野
尼ヶ禿山の山頂直下の斜面から見た、赤城山と空模様
尼ヶ禿山の山頂直下の斜面から見た、赤城山と空模様

玉原湿原

木道が敷かれ、「玉原湿原では時計まわりに周遊する」と聞いていたけれど、どちらからでも可能のようでした。
4月中旬のミズバショウから秋までの間、様々な高山植物を楽しむことができるそうです。
コバケイソウやヒオウギアヤメ、一面のハクサンタイゲキも咲いていました。
ハクサンタイゲキ(別名オゼタイゲキ)は、玉原と尾瀬にのみ咲くという説もありました。

玉原湿原の木道
玉原湿原の木道
風と癒しの風景
風と癒しの風景
玉原湿原で一面に咲いていたハクサンタイゲキ
玉原湿原で一面に咲いていたハクサンタイゲキ

本コースで見られた花々

タニウツギ

タニウツギ
分類:スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木
生育場所:日本海側の多雪地に分布し、山の谷沿いや斜面などに咲く
花言葉:「豊麗」「豊かで美しい」など

遊歩道や湿原で、新緑にひときわ映えていたピンク色のタニウツギ
遊歩道や湿原で、新緑にひときわ映えていたピンク色のタニウツギ

ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ
分類:シソ科ラショウモンカズラ属の多年草
生育場所:山林の湿った場所や渓流沿い
花言葉:「幸せを招く」など

沢沿いでひっそりと咲いていたラショウモンカズラ
沢沿いでひっそりと咲いていたラショウモンカズラ

ワタスゲ

ワタスゲ
別名:スズメノケヤリ
分類:カヤツリグサ科ワタスゲ属の多年草
生育場所:高山帯から亜高山帯の高層湿原
花言葉:「揺れる思い」「努力する」など

玉原湿原で揺れていたワタスゲ
玉原湿原で揺れていたワタスゲ

玉原湿原ではモウセンゴケも見られるそうです。
確認できず残念。

活動記録

天気:曇り時々晴れ
スタート:7:23
ゴール:12:16
活動距離:7.7km
累積標高差:399m/399m
消費カロリー:1.362kcal
撮影枚数:150枚ほど

YAMAPの軌跡のスクリーンショット
YAMAPの軌跡のスクリーンショット

YAMAPの投稿はこちら。
『尼ヶ禿山』とワタスゲの『玉原湿原』

おわりに

一面の雲に覆われることなく、尼ヶ禿山からの玉原湖を望むことができ、一瞬の晴れ間も広がり赤城山などの山々も見られました。
玉原湿原では、小さな湿原でチラチラふわふわと揺れるワタスゲを楽しむことができました。
これからも隙を見ては、山歩きを楽しんでいけたらいいなと思いました。

玉原高原のブログ

玉原ラベンダーパーク
鹿俣山
玉原高原森林キャンプ場

2+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-夏の散策, 登山, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.