https://aji50life.com

レンゲツツジの菅平牧場から登る『根子岳・四阿山』へ9.9km

更新日:

コース案内

登山適期
●5月初旬:新緑
●6月中旬:レンゲツツジ
●7月から9月:花
●秋:紅葉と展望
菅平牧場を起終点とし、根子岳から四阿山へ縦走しながら時計回りに一周する健脚コース

子岳から四阿山へ縦走

根子岳登山道入口にポストがあり、登山届の提出ができました。

子岳へ

牧場の柵沿いに、放牧された牛やレンゲツツジを眺めながら、登って行くと東屋があり、西から北側にひらけ北アルプスの峰々が一望できました。
カメラマンにも人気のスポットのようです。

展望台から、遠くに薄っすらと北アルプスの峰々を一望
展望台から、遠くに薄っすらと北アルプスの峰々を一望
シラカバ林の奥にもレンゲツツジが彩る
シラカバ林の奥にもレンゲツツジが彩る
ササ原の草原で。足元に群生するイワカガミ
ササ原の草原で。足元に群生するイワカガミ

イワカガミ
分類:イワウメ科イワカガミ属の常緑の多年草
生育場所:高山帯から山地の草原や岩場
花言葉:「忠実」など
花名の由来:葉のツヤが光り、岩場の鏡に見立てたことから

子岳

景色の良いササ原の草原を登って行くと、根子岳山頂の祠が見えてきました。
山頂は360度の大展望で、大きく浅間山も見えるそうですが、印象強い北アルプスの峰々ばかり見て来ました。

根子岳山頂の方位盤と菅平牧場方面
根子岳山頂の方位盤と菅平牧場方面

根子岳
標高:2.207m
花の百名山

四阿山

根子岳からの下りは「展望の世界へようこそ!」といわれているような、広い景色のササ原で、四阿山を眺めながら歩きました。
四阿山への登りは、噂の通り「キツイ」ものでしたが、時々足元で揺れるタケシマランなどの花に癒されながら、登りつめます。
やがて平坦な道になり、見え隠れする浅間山も楽しめました。
相変わらずののんびり登山で、数組の方々が追い越して行きました。

右手側は大明神沢の源頭へと切れ落ちている
右手側は大明神沢の源頭へと切れ落ちている

切れ落ちた山肌は、ここは日本でしょうかと思うほどダイナミックで、格好良い景色でした。

シニア隊員七福神さま
滑落に注意じゃ。
「鬼遊びの庭」の屏風岩の巻き道
「鬼遊びの庭」の屏風岩の巻き道
岩稜から眺めた四阿山
岩稜から眺めた四阿山
十ヶ原の鞍部で振り返って見た根子岳
十ヶ原の鞍部で振り返って見た根子岳
可愛いと評判の根子岳の山容ね♪
セミシニア隊員2号
針葉樹林帯の標高差300mの急坂
針葉樹林帯の標高差300mの急坂
木道
木道

四阿山

四阿山の山頂直下では、高山植物のミヤマキンバイが群生していました。

四阿山の山頂直下で足元を彩るミヤマキンバイ
四阿山の山頂直下で足元を彩るミヤマキンバイ

ミヤマキンバイ
分類:バラ科シムジロ属の多年草の高山植物
生育場所:亜高山帯から高山帯
花言葉:「幸せ」など

群馬県側の水の流れを守っている西宮(「上州向き社」「上州祠」などと呼ばれている)です。

四阿山の西宮
四阿山の西宮
西宮から見た、妙義山や浅間山などの上州の山々
西宮から見た、妙義山や浅間山などの上州の山々

群馬県嬬恋村の山名標識と、東宮(「信州向き社」「信州祠」)です。

四阿山の山名標識と東宮
四阿山の山名標識と東宮
四阿山の山名標識と東宮

四阿山の山名標識と東宮

四阿山(あずまやさん)
標高:2.354m
日本百名山・関東百名山・ぐんま百名山・その他
四阿火山カルデラ外輪山の最高峰
信仰の山
360度の大展望
三角点は、山頂から150mほど北に置かれている

中尾根コースへ
登って来た木道を下る
登って来た木道を下る

中四阿(2.106mのピーク)、小四阿(1.917mのピーク)を通過していきます。

中四阿で木にとまっていた鳥
中四阿で木にとまっていた鳥
中四阿から眺めた空
中四阿から眺めた空

シラカバ林では再び、目の高さに、シラカバの白い幹とレンゲツツジの橙色が、楽しめました。
何度も何度も足を止めては、奥行きのある橙色を眺めました。

レンゲツツジが彩るシラカバ林
レンゲツツジが彩るシラカバ林

大明神沢

大明神沢の瀬せらぎが聞こえてくると、足元には多くの花々も見られました。

中尾根コースに咲いていたベニバナイチヤクソウ
中尾根コースに咲いていたベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
分類:ツツジ科イチヤクソウ属の常緑の多年草
生育場所:山地帯から亜高山帯下部
花言葉:「恥じらい」など
●本種は乾燥させて薬用としていた

大明神沢を渡ります。

シニア隊員七福神さま
水嵩が増している時などは、足元に注意じゃよ。
飛び石などで渡る大明神沢
飛び石などで渡る大明神沢
大明神沢の畔に咲いていたクリンソウ
大明神沢の畔に咲いていたクリンソウ

菅平牧場

牛が放牧され、美しい景色を眺めることもできました。
ふれあい牧場では、ウサギや子ヤギもいました。

菅平牧場の草原
菅平牧場の草原
草原で寛ぐ牛たち
草原で寛ぐ牛たち

本コースで見られた花々

わぁ!沢山!
セミシニア隊員2号
大明神沢沿いに群生していたオオバミゾホオズキ
大明神沢沿いに群生していたオオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキ
分類:ゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草
生育場所:深山や亜高山帯以上の清流沿い
花名の由来:大きな葉をもち、溝(水辺)に咲き、実はホオズキに似ていることから
花言葉:「変わらぬ愛」など

大明神沢の畔に咲いていたオドリコソウ
大明神沢の畔に咲いていたオドリコソウ

オドリコソウ
分類:シソ科オドリコソウ属の多年草
花名の由来:花の形が傘をかぶった踊り子の姿に例えたもの
生育場所:野山などの半日陰
花言葉:「陽気」「快活」など
●花基に蜜がある

セミシニア隊員1号
7月になるとハクサンチドリやソバナなども咲くそうです。

活動記録

天気:晴れ
スタート:5:47
ゴール:15:52
活動距離:9.9km
累積標高差:970m/970m
消費カロリー:2.953kcal
撮影枚数:350枚ほど

セミシニア隊員1号
標準コースタイムは、6時間42分から7時間5分(休憩時間含まず)だそうです。
YAMAPの軌跡のスクリーンショットより
YAMAPの軌跡のスクリーンショットより
参考文献

●山と高原地図(志賀高原)2019昭文社
●分県登山ガイド長野県の山2017山と渓谷社
●関東百名山2019山と渓谷社
●その他

セミシニア隊員1号
2018年夏の様子です。
パルキャビンで登る四阿山

3+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-夏の散策, 登山, 群馬の四季を散策, 群馬県以外の散策
-, ,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.