https://aji50life.com

広がる草紅葉『苗場山』小赤沢コース10.9km

更新日:

小赤沢コース』
苗場山登頂の最短ルート
山頂湿原歩きの長いルート
日帰り中級コース
平均歩行時間:6時間10〜30分

シニア隊員七福神さま
秋山郷からのメインルートなんじゃて。

小赤沢三合目に駐車場あり
50台
トイレあり

小赤沢三合目の登山口
小赤沢三合目の登山口

駐車場には15台ほどの車があり、山頂まで5〜6組の方々とすれ違ったり追い越して行かれたりしました。

小赤沢コース四合目で見上げた青空
小赤沢コース四合目で見上げた青空

湿気の多いコースで、クサリやトラバースなど急坂が続く。

クサリ馬
コースの彼方此方にクサリが設置されている

倒木を跨ぐとき、足を滑らせて、溝に仰向けにハマってしまいました。
お天気雨をパラパラと受けながら、足元では、夏に咲いた花々が、赤い実をつけていました。

赤い実をつけた夏に咲いた花々
赤い実をつけた夏に咲いた花畑
苗場山の登山道で見られた苔
苔の花かしら?
(*^-^*)何かしら?
キレイね。
セミシニア隊員2号

八合目の坪場から、苗場山の山頂湿原歩きが始まる。

お天気雨から雨混じりの強風になり、ゴアのシェルを羽織りました。
霧で遠望は霞んでいますが、足元には黄金の草紅葉が広がっていました。

霧の中でみた苗場山の秋彩
桐の中でもシットリと彩る秋色に足が止まる
花後のイワショウブ
花後のイワショウブ
三脚の脚を最短で撮影した湿原
風で三脚が倒れ、テイク2で三脚の脚を最短で撮影
黄金のキツネ色に、どこまでも広がる苗場山の湿原
黄金のキツネ色に、どこまでも広がる苗場山の湿原
すごーい!
セミシニア隊員2号

苗場山
標高:2.145m
山名の由来:湿原で咲くミヤマホタルイなどの高山植物が田んぼの苗に見えることなどから
●日本百名山、花の百名山、その他
●高山植物:7月中旬頃から
●紅葉:9月下旬頃から

山名標識と三角点のある場所からの眺望はないけれど、一瞬の晴れ間に恵まれました。

苗場山の山名標識と三角点
苗場山の山名標識と三角点

苗場山ヒュッテ(苗場山自然体験交流センター)では、宿泊者のみが入館でき、日帰り登山者はトイレ100円とテラスの利用ができました。

苗場山ヒュッテのテラス
苗場山ヒュッテのテラスで
苗場山ヒュッテから徒歩1分の見晴台
苗場山ヒュッテから徒歩1分の見晴台

山頂部の広い湿原には、木道が敷かれ、池塘や木々など、どこを見ても絵の中の一枚のようでした。
しばらくすると霧の晴れ間が見え、心ウキウキと黄金のキツネ色に広がる湿原を歩き回りました。

苗場山の湿原に敷かれた木道
苗場山の湿原に敷かれた木道
苗場山神社の先にある龍ノ峰の池塘
苗場山神社の先にある龍ノ峰の池塘
苗場山の三角点と小赤沢コースとの分岐にある池塘
苗場山の三角点と小赤沢コースとの分岐にある池塘
トンガリ山が鳥甲山かしらね♪
セミシニア隊員2号
八合目の坪馬越しに見た鳥甲山などの山々
八合目の坪場越しに見た鳥甲山などの山々
八合目の坪場から
八合目の坪場から
八合目の坪場から森へ
八合目のの坪場から、森へ

小赤沢コースで見られ花々や木の葉

龍ノ峰の先の池塘で見たモウセンゴケ
龍ノ峰の先にある池塘で見たモウセンゴケ

『苗場山』活動記録

天気:晴れ(小雨)のち霧のち曇のち晴れ
スタート:7:58
ゴール:15:47
歩行距離:10.9km
累積標高差:888m/886m
消費カロリー:2.598kcal

YAMAP苗場山の軌跡のスクリーンショット
YAMAP軌跡のスクリーンショット
おわりに

とても素敵な湿原歩きが楽しめました。
休憩時は寒さで手がかじかんでしまい、季節の移り変わりを感じました。
またこのコースを歩きたいな、別のコースからも歩いてみたいな、高山植物の時期にも来てみたいな...などなど思いました。

セミシニア隊員1号
ありがとうございました。
3+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-登山, 秋の散策, 群馬県以外の散策
-, ,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.