ホテル磯部ガーデンおちゅんちゃんと

https://aji50life.com

舌切雀のお宿『ホテル磯部ガーデン』で日帰り祝賀ご飯会

投稿日:

はじめに

舌切雀が住んでいたとされる『ホテル磯部ガーデン』でご飯会があった時の様子です。

目次
はじめに
舌切雀の『おちゅん』ちゃんがお出迎え
『舌切雀』にまつわる品々の展示
おじいさんとおちゅんのアトラクション
部屋からの眺め
群馬の旬食材で夕食
おわりに

舌切雀のお宿『ホテル磯部ガーデン』で日帰り祝賀ご飯会

ホテル磯部ガーデンへの地図

”ホテル磯部ガーデン”

舌切雀の『おちゅん』ちゃんがお出迎え

駐車場案内にご年配のドアマンが、車に乗せてある松葉杖に気付き、すぐさま近い場所へと変更案内してくれました。

『おちゅん』ちゃんというゆるキャラがいるなんて、ビックリでしたが、可愛らしい対応に皆で和みきりでした。

大きなやっこ凧にも『おじいさんとおちゅん』がいて、『舌切雀のお宿』満載です。


『舌切雀』にまつわる品々の展示

『宝物殿』の入り口にも『おじいさんとおちゅん』がいて、おちゅんちゃんの雰囲気はなんとも可愛らしかったです。

雀の下を切ったといわれるはさみ・おばあさんが持ち帰ったつづら・舌切雀絵巻などが展示されていました。

明治時代に複数の人々が、舌切雀について同じ内容を話したことから、「磯部が舌切雀伝説発祥の地とかんがえられる」としたそうです。

( ◠‿◠ ) 1号の好きそうなブースじゃの
シニア隊員七福神さま


おじいさんとおちゅんのアトラクション

ホテル磯部ガーデンのロビーで上演される『舌切雀物語』は、無料で鑑賞できました。毎日19:30~定刻に4回約10分。

セミシニア隊員1号
( *´艸`)孫がいたら喜びそう


部屋からの眺め

『楽山館』はホテル磯部ガーデンの3つの宿泊館の中で1番高い建物で、窓からは眼下に碓氷川と上毛三山が望めました。

ベッドもフワフワ過ぎず程よく硬く、寝心地が良さそうでした。布団敷きの部屋のシーツにもアメニティにも、おちゅん( *´艸`)。


 群馬の旬食材で夕食

ネットの調べによると、こちらの料理長は「群馬の素材を最大限に活かし、1品1品丁寧に」を心がけて取り組んでいるそうです。

埃除けの紙

セミシニア隊員1号
会食カバー?正式名称わからない
には、舌切雀のお話が書いてあり、記念に持ち帰りました。

お造りの小さな大根はシャリシャリと美味しかったです。

大きなアワビの踊り具合も強烈で、動画を撮ったり楽しみました。

衣に湯葉で揚げたカニの天ぷら・下仁田ネギやコンニャクの天ぷら・柔らかぁ~い上州牛・器におちゅん( *´艸`)。

おちゅん
セミシニア隊員2号

 


おわりに

『ホテル磯部ガーデン』には、何年かぶりの何度目かのリピーター団体ですが、今回は今までの中でも深く思い出に残る時間が過ごせました。

セミシニア隊員1号
ありがとうございました。

 

4+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-gallery, 体験, 群馬の味, 群馬の歴史を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.