いちよし

https://aji50life.com

そば打ち体験もできる『いちよし』

投稿日:

おじいさんとおばあさんと家族がそろった時の晩御飯に、時々食べに来る蕎麦屋です。
この日も都会で暮らしている弟家族が来ていたので、皆で行きました。

【目次】
『蕎麦』の歴史
『いちよし』レポ
『あんとりっぷ』の情報
『いちよし』の情報

『蕎麦』の歴史

奈良時代以前から日本で食べ続けてきた蕎麦だが、飢えをしのぐための雑穀であったと考えられている。

江戸時代頃に蕎麦屋は庶民的な店で町内には必ずあるようだった。将軍家に蕎麦を献上し、その名誉から現在の『蕎麦』へと確立していったといわれている。

『いちよし』レポ

お店には、亀田興毅くんのサインと色紙が飾ってあり、奥さんが嬉しそうにその日のことを教えてくれました。

テレビで群馬を散策するような内容の番組があって、安中市のあちらこちらに立ち寄ったそうで、安中市で亀田興毅君のサインを見たのはこちらで2件目です。実物もとてもいい人だそうで、流石の人気者です。

私は迷わず必ず『鴨汁そば』です。多分『いちよし』で他のお蕎麦は食べたことがありません。

昔ある蕎麦屋のお父さんから「蕎麦屋の良し悪しは鴨汁そばが決め手だ」というようなことを聞いて、それ以降ほとんどのお店で鴨汁そばを食べるようになりました。『いちよし』の鴨は柔らかくて大きいです。欲を言えばおろし生姜が少なすぎです。

蕎麦は、以前食べた時とは、味も食感も違う感じがしました。1本が切れやすくなっていたので、つなぎの配分が変わったのかなと思いました。どちらにしても、美味しいことに変わりはありませんでした。

新しいメニューに『蒟蒻の天ぷら』がありました。農家さんから仕入れた手作り蒟蒻とのことです。あるお婆さんは畑で蒟蒻芋を育て、蒟蒻を沢山作っていましたが、その蒟蒻に似ていたので、懐かしい気持ちで食べました。美味しい蒟蒻でした。

うどんを食べた甥がいたので、1枚撮らせてもらいました(´▽`*)。美味しそうだったので、次回食べてみたいなと思ったけれど、でもきっと次回も『鴨汁そば』を食べると思います、私。

会計のところには『天かす』があり、頂きました。いちよし

『あんとりっぷ』の情報

群馬県安中市を楽しむための観光体験プログラム冊子〝あんとりっぷ〟も置いてあり、そば打ち体験を開催している店が『いちよし』だとわかりました。あの若旦那さんが安中市産のそば粉を使って、美味しい蕎麦を作るためのコツを教えてくれるそうです。

そば打ち体験
料金:2.500円
実施日:2018/1/5~4月末
体験時間:14:00~16:00
人数:2~10名
問合せ:安中市観光機構

『いちよし』の情報

営業時間:11:00~14:40・17:00~21:00
定休日:月曜日
場所:群馬県安中市原市

『いちよし』への地図

”群馬県安中市原市 いちよし”

 


セミシニア隊員1号
ごちそうさまでした

余談ですが、蕎麦の歴史を調べながら、昔、蕎麦屋のお父さんがおやつに揚げてくれた蕎麦も思い出しました。ポリポリと美味しいおやつでした。

 

3+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-群馬の味
-

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.