https://aji50life.com

『ろうばいの郷』1.2kmとnewハイキングシューズの履き心地

更新日:

2020年の「ろうばいまつり」は1月5日(日)に開催されたそうです。

シニア隊員七福神さま
第20回じゃて。
和太鼓や日本舞踊、模擬店、切り花や甘酒のプレゼント、安中市のゆるキャラ「こうめちゃん」もお目見えしたそうじゃ。

今回は、新しいハイキングシューズの試し履き歩きや、仕事のスタッフブログのネタ作りも兼ねて

『ろうばいの郷』に行ってみよう!

セミシニア隊員1号
『ろうばいの郷』の詳細は、こちらから。2018年のブログです。
雪の残る『ろうばいの郷』

ろうばいの様子


まだまだ蕾も多く、4分咲きといった印象でした。

遊歩道の様子

時々ベンチもあり、今年もここで記念撮影しました。

遊歩道から見た林の様子


なんとも綺麗!
セミシニア隊員2号

園内で見られた『ろうばい』の種類

原種ろうばい

基本種ろうばい

満月ろうばい

素芯ろうばい

受付で配布していた、群馬県安中市役所商工観光課発行の「ろうばいの郷」ペラを参照。

休憩スペース

『竹ハウス』の売店も営業していました。

すいとん300円・甘酒200円

セミシニア隊員1号
地域色の濃い売店の方から「ゆっくり見てってね」とお声掛けいただきました。
ろうばいの郷の適期でありながらも、その言葉のおもてなしには、とても感動しました。

竹ハウスの少し先には、何かいわれのあるような大きな木がありました。

案内板もありましたが、よく読めませんでした。

切り花は、受付のところで500円でした。

ろうばいまつり過ぎの平日でしたが、昼前の駐車場には20台くらいの車が停まっていました。

活動記録

天気:曇り
スタート:9:24
ゴール:11:24
活動距離:1.2km
累積標高差:30m/31m
消費カロリー:201kcal


(YAMAPスクリーンショットより)

セミシニア隊員1号
YAMAPの投稿です。
ろうばいの郷

新しいハイキングシューズの履き心地

●靴(オン クラウドロック ウォータープルーフ)
●オーダーの中敷(楽歩堂 メモテック エブリモア)

家を出る前に、庭で撮りました。

足入れ感:やや小振りな印象で、ボール部は返しやすく、ウェストフィットのホールド感がありました。
中敷の踏み心地:ふんわりしっかりフィット♪(オーダーのため個人差あり、詳しくは職場にて)
歩き心地:"ソールに石が挟まる"といった不快感もなく「ハイキングや軽トレッキングで履くには、いい感じかも。」と思いました。


おわりに

歩くのには物足りませんが、季節の花を充分に満喫できました。
見応えのあるろうばいと、地元の温かさに感謝しました。

3+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-冬の散策, 山散歩, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.