安中市指定史跡の『簗瀬二子塚古墳』と『簗瀬八幡平の首塚』へ

投稿日:

【目次】
大型前方後円墳『簗瀬二子塚古墳』のレポ
・ガイダンス棟
・簗瀬二子塚古墳の情報
眞下明神レポ写真
『簗瀬八幡平の首塚』のレポ写真と情報

この古墳が保存整備されていた頃から、随分とキレイな印象だなぁと思いつつも、行ったことがなかったので早速!

大型前方後円墳『簗瀬二子塚古墳』へ行ってみよう!

古墳とタンポポです。

ふふ(´▽`*)
セミシニア隊員2号
こんなに綺麗な所になっているとは、ビックリしました。

遊歩道は整い、階段も低めで歩幅もあるので、ゆっくり歩行にピッタリでした。

喫煙・火気の使用・自転車や車両の乗り入れは禁止だそうです。

頂上からは妙義山・浅間山・他を望むこともできました。

石碑もあり、案内板には石室展開写真も掲載されていました。

正面には『簗瀬二子塚古墳』の詳細も丁寧に記されていました。

この日は何組かの見学者がいました。
ボクとパパ・シニアご夫婦・仲良しセミシニア3人組・シニア散歩・・・私はセミシニアのリハビリ散歩です。
時々、園児たちが先生に連れられてやって来ては、可愛らしい声も聞こえるようです。

( ◠‿◠ ) ふぉっふぉ
シニア隊員七福神さま

道を挟んだ斜向かいには『簗瀬二子塚古墳ガイダンス棟』がありました。
駐車場とお手洗い(キレイ)もありました。

木の香りのするガイダンス棟の中で、説明を読んだり3Dの動画も見られました。
県民古墳調査員の方からの情報によって、大和政権と群馬全域への古墳の広まりの関係性の意義も考えることが出来ました。

『簗瀬二子塚古墳』の情報

この古墳は、古墳時代後期初頭(6世紀初頭)に築造されたと考えられている。
この時代の横穴式石室は学術的にもとても重要で、この地域の最大級の古墳でもあり有力者の墓と推定される。
円筒埴輪・人物や馬などの形象埴輪・金箔入り三連ガラス玉・装身具類・馬具類などが出土し、安中市学習の森・ふるさと学習館で展示されている。
全長:約80m
高さ:約7m
石室の全長:11.54m
石室の高さ:2.2m
安中市指定史跡:平成24年11月27日

駐車場・トイレ:ガイダンス棟にあり
見学料:無料
所在地:群馬県安中市原市

『簗瀬二子塚古墳』への地図

”群馬県安中市 簗瀬二子塚古墳”

『明神様』をお参りしていこう

簗瀬二子塚古墳ガイダンス棟の並びに、『眞下明神』があり、お参りさせていただきました。

『簗瀬八幡平の首塚』も寄ってみよう

この首塚は昭和6年に発見され、その後の調べによって戦国時代の人骨と考えられている。
永禄4年(1561年)武田信玄がこの付近に八幡平陣城を築き、戦いなどの歴史からも、中世を物語る遺跡であり、重要な資料とされる。
安中市指定史跡:昭和34年10月9日指定

安中市教育委員会の掲載より抜粋

『簗瀬八幡平の首塚』

”群馬県安中市 簗瀬八幡平の首塚”

 


おわりに

歴史的な物が見られる時に、いつもその土地の自然の豊かさを感じます。
今回は、保存を叶えた人の力の偉大さにも気づかされ、感謝しました。

セミシニア隊員1号
ありがとうございました。
4+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-群馬の歴史を散策
-

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.