https://aji50life.com

早川渕彼岸花の里 境三ツ木ヒガンバナ群生地

更新日:

9月末「この時期のお花は何かしらン(^。^)♪」と、老眼と闘いググって見つけた『早川渕彼岸花の里』。スマホと(まだ一眼レフを持っていなかった)水筒を持って、出発!

早川渕彼岸花の里へ行ってみよう!

【もくじ】
彼岸花のマメ知識
早川渕彼岸花の里レポ
早川渕彼岸花の里の情報
まとめ


 彼岸花のマメ知識

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、秋の彼岸を含め前後3日間だけ花を咲かせることが、花名の由来。別名を『リコリス』や『曼珠沙華(まんじゅしゃげ)』と呼ばれる。『天上の花』という意味も持っている。

花色:赤・白・黄・ピンク・クリームなど

開花期:7月から10月

原産国:日本・中国

花言葉:赤(情熱・独立・再会・思うのはあなたひとりなど)・白(また会う日を楽しみに)

効果:虫やモグラよけなど


 早川渕彼岸花の里レポ

平日の昼間でしたが、来客者は何組かありました。開花期のみ営業しているという情報だったが、こんな看板があり皆渋々とした表情でした。施設側からは散り始めのため今シーズンは終了ということなのかもしれないな、などと思いました。

「こっち通れるわよ」と誘われて脇道を歩くと、一面の彼岸花がまだチラホラと咲いていました。

誰とでも話せるのね(*‘ω‘ *)
セミシニア隊員2号
セミシニア隊員1号
はい、セミシニアの特権です
性格でしょ(´艸`*)
セミシニア隊員2号
ふぉっふぉっふぉっ
シニア隊員七福神さま

 

白い彼岸花もありました。栗の木には、栗の実が収穫を待っているようでした。土手(サイクリングロードかも?)を歩くと、右手に彼岸花の里、左手に早川(飛び超えられそうな川)というシチュエーションで、気持ちよかったです。

セミシニア隊員1号
水筒持参はオススメです


 早川渕彼岸花の里の情報

地元のボランティアで育てた約10万本の彼岸花を、開花時期のみ開放している。持ち寄り野菜の販売が行われることもある。群生地の中心には遊歩道が通っている。

セミシニア隊員1号
すぐ横にサイクリングロードが整地されているそうなので、サイクリング時に立ち寄ってみるのもいいのでは?

時間:ボランティアの方が柵を空けてから閉めるまで

入場料:無料

駐車場:あり(大型車不可)有料という情報もあり

トイレ:なし

自販機:なし

売店:なし

場所:群馬県伊勢崎市境三ツ木

問合せ:群馬県伊勢崎市境支所 経済振興室
但し、管理は問合せ先とは異なり、民間で行っている。

早川渕彼岸花の里 境三ツ木ヒガンバナ群生地への地図

”早川渕彼岸花の里”

 

まとめ

中に入れなかったので言い切れませんが、日向ぼっこに丁度いい感じかなと思いました。なかなか来る機会のなさそうな場所なので、記念にブログに残すことにしました。

6+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-秋の散策, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.