アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

https://aji50life.com

英国庭園『アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン』で朝鮮アザミ

投稿日:

折角なので

『アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン』に寄ってみよう!

【目次】
『アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン』レポ
・K:エントランスガーデン
・E:ウッドランド
・C:ベレ二アルボーダー
・D:キッチンガーデン
・ピクニックガーデン
・朝鮮アザミ(アンティーチョーク)
・・『アザミ』マメ知識
・・『アンティーチョーク』マメ知識
・季節の花々
『アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン』の情報

『アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン』レポ

ガーデンマップでは、A~Mまでのテーマ毎の記載がありました。

K:エントランスガーデン

買い物の際など、このエントランスだけでも充分に楽しめたりします。アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン今回は入園してみることにしました。

E:ウッドランド

18世紀に英国が世界に誇った風景式庭園のスタイルをふまえ、不規則な水辺の景観は豊かな表情をもたらすとのこと。アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

木造りの橋を渡る途中で撮影の人とすれ違い、折角なので声をかけると、近隣の会社から〝社員ブログに載せます〟風といった印象でした。
四季折々の情報発信が叶う庭園の定番スポットに違いないと思いました。アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

C:ベレ二アルボーダー

セミシニア隊員1号
(*'▽')求めていた庭園風景を発見!
暖色系とやわらかい色調系の2種類の、宿根草ボーダー(帯状歌壇)とのこと。アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

ふわふわとポアポアとした宿根草が、絶妙なバランスで咲いていました。
※右側の4枚は別の庭(キッチンガーデン)アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン

セミシニア隊員1号
「そうか!今の私は宿根草の庭が好きなんだ!」と自分発見ができました♡

D:キッチンガーデン

動物や風から農作物を守る伝統スタイル(レンガ壁で囲う造り)とのこと。アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン

セミシニア隊員1号
美味しいワインも出来そうなワクワクする庭です。

ピクニックエリア

このエリアには、お手洗いやウッドデッキもあり、飲食も可とのこと。アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン

アンティチョーク(朝鮮アザミ)

『アザミ』マメ知識

1263年アザミの葉のトゲがノルウェー軍のスコットランド城への侵入を防いだという逸話や、その他の神話などもあり。
スコットランドの国花。

分類:キク科アザミ属
開花時期:4~11月
原産地:北半球
草丈:30~120㎝
花言葉:独立・安心・報復・厳格・高潔・触れないでなど
誕生花:3/19・4/19・9/18・10/21

『アンティーチョーク』マメ知識

アザミとは異なり、葉にトゲがない。
若い蕾は、蒸す・焼く・素揚げ・その他で食用でき、甘くホクホクしている。
アザミ⇒カルドン⇒アンティーチョークと改良されたという説あり。
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンの札に『キナラ カルドゥンクルス』と記載あり。

分類:キク科チョウセンアザミ属の宿根草
和名:チョウセンアザミ
開花時期:6~9月
原産地:イタリア・カリーナ諸島・地中海沿岸
草丈:150~200㎝
花言葉:警告・独立独歩・孤独・厳格など
誕生花:5/4・6/4・6/23・8/20・9/28

アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

セミシニア隊員1号
手のひらいっぱいです。

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン

季節の花々

アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン

『アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン』の情報

アンディ氏とウィリアムス氏が、世界中からの植物を集め、イギリス式ランドスケープ・デザインの庭園をつくりあげた。
雰囲気の異なるガーデンルームによって、イギリス式庭園の素晴らしさが感じられる。
構造物と植栽物は本場レベルで計画している。

『アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン』パンフレットと小冊子から抜粋

開園時間:9:00~17:00・4~9月は~18:00
冬季休園期間:12/21~2/20頃
入園料:550円・ジョイフル本田グループカード提示で200円に優待割引
駐車場・トイレ:あり
敷地総面積:約20.000㎡
セミシニア隊員1号
この日の歩数計では約2.000歩でした。

『アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン』への地図

”群馬県太田市 アンディ&ウィリアムス

 


おわりに

数年前に「トケイソウがあったよ」と聞いたのですが、うっかり気付きませんでした。
それ位に楽しめたということです。
今回掲載したのはほんの一部ですし、お好みの庭は現場にてです。

セミシニア隊員1号
ありがとうございました。

6+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-夏の散策, 群馬の四季を散策
-, ,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.