野反湖

https://aji50life.com

ぐんま百名山『八間山』登山道と野反湖湖畔、ノゾリキスゲ・コマクサ・クルマユリの様子(リハビリ登山)

更新日:

今回は、あまりにも楽しすぎて!写真も過去最高の190枚!リピート決定!…で、その一部でご紹介します。

『八間山』往復から『野反湖湖畔』のレポ

【目次】
『八間山(はちけんさん)』往路
・コマクサ
『八間山』山頂
『八間山』復路
・クルマユリ
野反峠休憩舎
『野反湖』湖畔
・ニッコウキスゲ
野反湖の情報
おわりに

『八間山(はちけんさん)』往路

八間山登山口です。八間山

ノゾリキスゲをメインに、いろんな高山植物が咲いていました。八間山

セミシニア隊員1号
八間山
こんなに色々咲いていました。

コマクサ

高山植物の女王ですね!

このコマクサは六合中学校の生徒が心を込めて植えたものです。

環境庁・草津営林署・群馬県・六合村の案内板より

例年はもっとびっしりと咲いているそうですが、やはり可愛らしい花で感動です。
群馬県人だから『駒…馬…』に弱いのかしら(笑)。八間山

セミシニア隊員1号
八間山
コマクサは満開に見えました。

八間山ケルンを襟巻くように祠がありました。

登山道はわかりやすく続き、足元の山野草を眺めながら、すぐ近くで聞こえる鳥の声がBGMといったシチュエーションです。八間山

セミシニア隊員1号
八間山

『イカイワの肩』ここから1.4㎞。八間山この先に『イカ岩の頭』と書かれた道標もありました。

八間山
そして花々。
セミシニア隊員2号
セミシニア隊員1号
八間山
それから虫たち。
特にトンボは大量にいました。

木の力強さが伝わってくるこの絶景感!八間山

『八間山』山頂

晴れていれば、白砂山方面の景色も眺めが良いそうです。

セミシニア隊員1号
八間山
記念に1枚
『八間山』は標高1934.5mだそうじゃ。
シニア隊員七福神さま

八間山かつて使われていた気象観測小屋だそうです。

『八間山』復路

ここで足を滑らせたら大変です。八間山

時々段差もあります。八間山

セミシニア隊員1号
八間山
滑って尻餅つきました。
(*´Д`)あちゃ~
セミシニア隊員2号

天候によりぬかる場所もあるので、ハイキングシューズよりも登山靴がオススメです。

足元の植物で躓きやすいので、足や脚をあげるすり足歩行改善の練習にもなりました。

クルマユリ

八間山

セミシニア隊員1号
八間山クルマユリは蕾も沢山あり、見頃かと思います。

八間山

セミシニア隊員1号
八間山
青い松ぼっくり発見!
まるで何かが腰かけているようにで、おとぎ話の世界観です。

オオシラビソ(アオモリトドマツ)の球果だそうです。

野反峠休憩舎

休憩舎オリジナル『のぞりっ湖ピザ』を食べました。
早春のフキノトウのジェノベーゼソースと全粒粉生地で、20㎝くらいあるピザでした。野反湖

『野反湖』湖畔

野反峠休憩舎側西の湖畔です。
アイキャッチ画像を目の前に、その背中側です。

ノゾリキスゲ

野反湖に咲くキスゲを〝ノゾリキスゲ〟と呼ぶそうです。

中之条町役場六合支所によると、今年は例年に比べ10日ほど開花が早いが、花のつきは多いという。

2018/7/13上毛新聞ラインニュースより

ノゾリキスゲの地平線。
蕾もまだまだ沢山あります。野反湖

セミシニア隊員1号
八間山とても気に入った写真が撮れました。
ノゾリキスゲも今が見頃かと思います。

野反湖の情報

八間山の他に、弁天山・エビ山・白砂山と、標高2.000m級の山々に囲まれ、野反湖トレッキングコースはガイドマップにも7コース案内されている。

  • 春から初秋にかけて、シラネアオイ・レンゲツツジ・ノゾリキスゲ・コマクサ・ヤナギラン・エゾリンドウなど、300種以上の高山植物が…
  • 秋の紅葉を湖畔に映し出す
  • 「野反湖キャンプ場」をベースに、秋のフィッシング・ハイキング・バードウオッチング・キャンプなども

野反湖ガイドマップより

野反湖への地図

”群馬県吾妻郡中之条町 野反湖”

所在地:群馬県吾妻郡中之条町

おわりに

この日は、

  1. 野反峠(富士見峠)第一駐車場に車を停め、
  2. 八間山山頂までを往復(富士見峠でコマクサ・山頂付近でクルマユリを鑑賞)し、
  3. 野反峠休憩舎付近で食事休憩し、湖畔を散策(ノゾリキスゲ鑑賞)、

登山アプリで見つけたゆったりコースに花の時間を多く設けハイキング風に過ごしました。

セミシニア隊員1号
歩数計で10.897歩距離は5.6km時間は5.5h(食事や花鑑賞や撮影などの休憩時間2.5h程度含む)。
身体への負荷はあまりかからなかったためか、水分は300ml程度、スティックプロテイン1本でした。

段差や泥濘などもあり、靴は登山用の靴底で、靴底の溝が減っていないもの、足によってミドルかハイカットがオススメです.

行き交う方々と挨拶や会話を交わしたり、道案内や花登山のオススメ場所を話し出したり、道中しばらくご一緒したり、食事で相席したり、出合う方々が笑顔で、笑顔の伝染は大きく広がっていました。

セミシニア隊員1号
出合った皆さんからのアドバイス
「草津白根山には入れないから、ここでコマクサを見ておかないと!」
「ニッコウキスゲは三国山もオススメだが、花の時期は八間山よりも標高が低いから早いかもね。」
「クルマユリは葉の形で見分けるんだよ。」
「雨が本降りになったら、車両通行止めになるから…」
などなど、ありがとうございました。

山と湖と高山植物に囲まれ、「ずっとここにいたい、下山したくない」と思った1日でした。
このあと温泉に行きましたが、そのお話はまた改めます。

その他のリハビリ登山のブログはこちらにも⇒地蔵岳吾妻山
山散歩⇒高津戸峡遊歩道さくらの里など


この日の温泉のブログ、アップしました。よろしかったらご覧ください。⇒京塚温泉しゃくなげ露天風呂

12+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-体験, 味や体験のページ, 夏の散策, 登山, 群馬の味, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.