ゆうすげの道

https://aji50life.com

メロディーラインをBGMに『ゆうすげの道』から『相馬山』山頂へ

更新日:

このコースを行くきっかけになった特徴
●初心者向けで登山の消費エネルギー量のとても少ないコース『分県登山ガイド群馬の山』2016山と渓谷社参照
●距離は短いが急傾斜が多くバランストレーニングに向いている『登山を楽しむための健康トレーニング』2017上毛新聞社事業局出版部
●ゆうすげの適期は7月中旬~8月下旬、黄色い絨毯を広げたように見える『花めぐりぐんま花の名所150選』2008上毛新聞社出版メディア局

『ゆうすげの道』から信仰の山『相馬山』に登ってみよう!

【目次】
この日のコースレポ
(群馬県営松の沢グラウンド⇔ゆうすげの道⇔相馬山)

セミシニア隊員1号
記念にパチリ☆とした写真も載せておきます。

私は、そこに咲いていたお花をご紹介しますね。
セミシニア隊員2号

往路(『ゆうすげの道』~『相馬山』登山道)

㏂7:00
駐車場には帰り支度と思われる方々が!
「ゆうすげには出遅れたか!」と焦りながら出発しました。ゆうすげの道

『ゆうすげの道』から見える榛名富士も綺麗です。
夜明け前には咲いていたと思われる『ゆうすげ』もチラチラと見えます。
道路はちょうどメロディーラインです。ゆうすげの道

ゆうすげの道
ゆうすげは、夕方から咲き始め、翌日の午前中にはしぼんでしまうそうで、この時間は既にこんな感じでした。

ゆうすげの道
オオバギボウシ
セミシニア隊員2号
セミシニア隊員1号
ゆうすげの道
アイキャッチ画像の相馬山の景色は、ここでパチリ☆

スルス峠方面へ。ゆうすげの道スルスとは磨墨と書き、籾(もみ)や粉をひく臼のことで、その臼の形に似ているため、名付けられたそうです。

セミシニア隊員1号
相馬山
この日は、気休めサイズですが熊除け鈴デビュー。

なだらかな登り坂を進んで行きます。相馬山

スルス岩の行人洞付近の岩肌です。相馬山

セミシニア隊員1号
スルス岩の山頂にはカラス天狗の石像があるそうですが、どこから登るのかわからず断念。

相馬山
アカバナシモツケソウ
セミシニア隊員2号
セミシニア隊員1号
相馬山
東屋から絶景が見えると聞いて、記念にパチリ☆

石の階段は、歴史を感じる匠な自然の模様がとても綺麗でした。
相馬山

相馬山
ノリウツギ

相馬山
ツリガネニンジン?

セミシニア隊員2号

ヤセオネ峠分岐点を過ぎると、鳥居が見えてきました。相馬山

ここからは急な岩場が続き〝ミニアルペン気分に浸れる〟と『分県登山ガイド群馬の山』(2016,山と渓谷社)にも書いてありました。相馬山

鉄のはしごは3箇所。相馬山「あれ?楽しい…そうだ!私、小学生の頃、アスレチックが好きだったんだ」と思い出した瞬間でした。

『相馬山』山頂

相馬山
黒髪山神社で参拝じゃよ
シニア隊員七福神さま

『相馬山』山頂に到着!相馬山標高1.411m、この日は館林市で38度を超える猛暑日でしたが、時間帯も良かったせいか、道中も木陰が多く気持ちよく登れました。

セミシニア隊員1号
相馬山
空の色

相馬山
遠くの景色

 

復路(『相馬山』登山道~『ゆうすげの道』)

道幅が狭くスリリングなゾーンです。相馬山

セミシニア隊員1号
相馬山
手すり付きの鉄のはしご

来るときには気付かなかったけれど、榛名湖見えました。相馬山

スルス岩も見えました!絶景!
右端に写っているシルエットはカラス天狗かと思われます。相馬山『スルス岩』

ゆうすげの道
ゆうすげは、朝よりもしぼんでいるように見えました。

日の暮れている時間の『ゆうすげの道』を想像し、一面にレモンイエローがチラチラと見えそうでワクワクするゾーンです。ゆうすげの道

ゆうすげの道
菖蒲

ゆうすげの道
ヤグルマソウ

ゆうすげの道
オオバギボウシの蕾

セミシニア隊員2号
セミシニア隊員1号
相馬山
その他の花々とアサギマダラ(きれいな蝶々)

リス・カラス・キジのような鳴き声などにも会えました。

㏂11:15駐車場着

セミシニア隊員1号
この日は歩数計で7.855歩、距離は約4㎞でした。

『ゆうすげの道』への地図

”群馬県高崎市 ゆうすげの道”

 


おわりに

気付いたこと

①階段よりも多少慣らしの岩場の方が、鎖や手すりよりも木を伝って歩く方が、進みやすいこと。
②小さな鈴でも気持ちの安心感が大きいこと。
③登ることに集中するには、一眼レフをリュックにしまうと楽になること。
④近郊でお手軽登山と思える場所でも、細かな準備(虫よけスプレーや日焼け止めなど)は役に立つ。
⑤その他

セミシニア隊員1号
靴は、登山用がオススメです。

とっても楽しかったです!

その他のリハビリ登山のブログはこちらにも⇒野反湖湖畔『八間山』『地蔵岳』『吾妻山』

9+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-体験, 夏の散策, 登山, 群馬の四季を散策
-, ,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.