山の鼻小屋

https://aji50life.com

尾瀬で山小屋泊デビュー!『山の鼻小屋』レポ

更新日:

憧れはテント泊での縦走登山ですが、まだまだ山のスキルも体力も不足です。
以前玉原高原のキャンプ場でテント泊の練習をしたので、少しだけステップアップすることにしました。
バックパックを重くして尾瀬ケ原トレッキング、山小屋泊から至仏山登頂にチャレンジです。
今回は、その時の『山の鼻小屋』での様子を書きます。

セミシニア隊員1号
もしよければ、こちらもどうぞ⇒尾瀬ケ原レポ
尾瀬ケ原トレッキングコース

『山の鼻小屋』に泊まってみよう!

鳩待峠から約1時間半、山の鼻ビジターセンターの奥にある山小屋です。
登山女子で人気のマンガ家さんや、昭和の時代には皇室のかたも宿泊されたそうです。
山の鼻小屋

14:00 チェックイン

靴棚の部屋

似たような靴が多く、間違えないように印をつけておくといい」と聞いていたので、ここでもオリジナルインソールは重宝しました。

セミシニア隊員1号
インソールを外し左右の靴の間に挟む、この置き方オススメです。
山の鼻小屋

洗濯バサミとストーブです!…秋の山小屋のイメージにピッタリの空間で、嬉しくなりました。
山の鼻小屋

客室

私の部屋は、モウセンゴケという室名でした。
大きな部屋での相部屋も覚悟だったので、個室でこたつもあるなんて、とても新鮮な気持ちになりました。山の鼻小屋

セミシニア隊員1号
廊下の向こうに水道が並び、その隣にはお茶の出る給湯器もありました♪
山の鼻小屋

窓の外は大自然!
尾瀬ケ原に向かう人や帰る人が通って行くのを眺めました♪
山の鼻小屋 部屋からの景色

売店にて

花豆トッピングの濃厚で美味しいソフトクリーム山の鼻小屋 ソフトクリーム

セミシニア隊員1号
若者が大きな声で「んめっ!うんめっ!」と言っていました(笑)。

山の鼻小屋オリジナルの鹿革バッチ山の鼻小屋 鹿革バッチ

午後散歩

尾瀬ケ原から戻ったばかりですが、散歩に出ました。
山の鼻小屋

(≧▽≦)また行くんかぃ
セミシニア隊員2号
( ◠‿◠ ) ふぉっふぉっ
シニア隊員七福神さま

おぉ〜ぃ、至仏山よ、明日も晴れてくれよぉ〜!
至仏山

セミシニア隊員1号
ビジターセンター向かいの無料休憩所内に、標高1400mと書かれた『山の鼻』の看板があったので、記念にパチリ☆
山の鼻

16:00 入浴

1番風呂です!

●山小屋は予約制です。また石けん・シャンプーの使用は自粛しましょう。

尾瀬でのルール『尾瀬入山にあたって』パンフレットより山の鼻小屋 お風呂

セミシニア隊員1号
歯磨きシートや使い捨て歯間ブラシなども持参したところ、とても重宝でした。

17:00 夕食

噂の通り「旅館みたぁ~い♪」でした。山の鼻小屋 夕食

セミシニア隊員1号

夜は、早朝出発で寝ている人もいるので、ソロリソロリと部屋に向かいます。
部屋での、レジ袋のようなカサカサ音などは、とても迷惑になるそうです。
山の鼻小屋
ソロリ…ソロリ…♪
山の鼻小屋

21:00 消灯

…19:30頃からウトウトしていて、20:30には電気を消して、寝ました。

早朝散歩

なんと!雨上がりの気配でした。
けれど、念願だった早朝山散歩が叶い、満足しました。

尾瀬ケ原方面の景色燧ケ岳方面

至仏山方面の景色
至仏山

お花
尾瀬の花
セミシニア隊員2号

6:00 朝食

食べきれない分をオムスビにしたいと思いましたが、お弁当は別途で新しく作ってくれるそうです。山の鼻小屋 朝食

7:30 チェックアウト

至仏山の山頂辺りで灰色の雲がみえました。
どうか、晴れますように☆
それにしても、草紅葉がとても綺麗でした♪至仏山

おわりに

山の鼻小屋のスタッフの方々は、至って普通といった感じでした。
本当に、ただ普通に過ごしているといった感じ。
それがまた何とも心地よかったです。

『至仏山』のブログにつづく…
(後日更新いたします)

6+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-体験, 宿泊, 秋の散策, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.