至仏山

https://aji50life.com

秋の『至仏山』山の鼻から鳩待峠7.5kmレポ

投稿日:

『至仏山』は蛇紋岩質であるとともに、標高2.000mを超える寒冷気候のため、特有の植物が分布し、氷河時代の生き残り植物や珍しい蛇紋岩変形植物なども見られ、全国でも有数な高山植物の宝庫となっている。

2007年上毛新聞発行『ぐんま百名山 まるごとガイド』より参照

日本百名山・花の百名山・ぐんま百名山の『至仏山』に登ってみよう!

●靴底についた外来植物の種子を落としてから入山しましょう。
●ゴミは必ず持ち帰りましょう。
●湿原には踏み込まないようにしましょう。
●動植物は持ち込まない・持ち帰らないようにしましょう。

尾瀬入山にあたって『尾瀬でのルール』より

『至仏山』レポ

7:41 東面登山道入り口からスタート
途中から少しでも晴れ間が見えますように☆と祈りながら、いざ!至仏山登山道入り口

こちらから『至仏山』山頂までは登り専用でした。

熊が見られたそうじゃな。
至仏山
水たまりやぬかるみにも注意じゃ。
シニア隊員七福神さま

ビューポイント
振り返るべし!
休憩のできるベンチが所々に点在し、そこから振り返ると標高を増すにつれて、昨日歩いた尾瀬ケ原と燧ケ岳の眺望が広々と見えていきました。

蛇紋岩の鎖場は3箇所あり、最初の鎖場です。

高山植物を保護するための階段だそうです。

11:02 『至仏山』山頂

山頂から360度の眺望を堪能
「わぉ!」感嘆の声がもれてしまいました。

紅葉も始まっていました。

セミシニア隊員1号
昨夜から沢山食べているため、お腹は空かないのですが、念のため小腹を満たしておくことにしました。

登山道にはトイレがないので、体調管理には要チェックです。

蛇紋岩に囲まれて、至福のカメラ遊びも堪能しました。

セミシニア隊員1号
雲の上にいまぁ~す♪

よいこらしょっ♪
(≧▽≦)あはははは
セミシニア隊員2号

うっすらと見えている『小至仏山』を目指し、絶景の尾根を歩きます。
「花の山旅」といわれ、高山植物の種類が特に多く見られる地帯だそうです。

12:45 『小至仏山』山頂
山頂は狭いので素早く記念撮影し、次の人に交代です。

セミシニア隊員1号
パチリ☆

雨も降ってきたので先を急ぎます。

絶景続きですが、急坂あり足元に注意しながら、鳩待峠に向かって下山していきます。
至仏山

植生保護のため登山道を外さないように歩きます。
再び「花の山旅」といわれる地帯で、季節にはオゼソウやホソバヒナウスユキソウ(エーデルワイスの仲間)なども見られるそうです。

お花畑の草紅葉は、見事な黄金色(2018/9/20)。

夏にはワタスゲの綿毛が美しいそうです。
セミシニア隊員2号
この先の樹林帯を抜けたらゴールじゃよ。
シニア隊員七福神さま

15:08 鳩待峠にゴール


『至仏山』まとめ

セミシニア隊員1号
山行5時間47分(標準山行4時間30分)・休憩1時間37分・距離7.5㎞(標準距離7.4㎞)・歩数15.000歩位・消費カロリー1.713kcal

2日間のアクセス(YAMAPスクリーンショット)

1日目:尾瀬ケ原山の鼻小屋←よろしかったらどうぞ。
2日目:至仏山


『東面登山道入口』への行き方

尾瀬第一駐車場からシャトルバスに乗り、鳩待峠で下車。
トレッキングコースを山の鼻に向かって3.8㎞(約1時間30分)歩くと到着です。

『尾瀬第一駐車場』への地図

”群馬県利根郡片品村 尾瀬第一駐車場”

『至仏山』の感想

『至仏山』のコース情報から、距離があるため「中級者向け」だが、足場は「一般向き」と考えました。
リハビリ登山にピッタリと思い選びました。

ゆっくりと色んな場所を歩くことは、筋力バランスを鍛えるのにとても役立つからです。

秋の『至仏山』も流石の眺望で、ぜひ夏の『至仏山』で「花の山旅」も堪能してみたいと思いました。

 

4+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-体験, 登山, 秋の散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.