迦葉山

https://aji50life.com

最上部はスリリングな『迦葉山』5.2㎞

更新日:

【目次】
『迦葉山』マメ情報
『迦葉山』に登ってみました!
活動記録
感想
おわりに

『迦葉山』マメ情報

ぐんま百名山『迦葉山』(標高:1322m)

ぐんま百名山でもある『迦葉山(かしょうざん)』は、日本一の天狗面で知られている弥勒(みろく)寺の後ろにそびえる山です。

弥勒寺では、お参りの際に天狗面を借りて帰り、次のお参りでお返しし、新しい面を借りてくるという習わしになっているそうじゃ。
シニア隊員七福神さま
セミシニア隊員1号
毎年行われる「沼田まつり」では女性のみによって「身代わり大天狗」が担ぎ出されるそうです。

迦葉山には和尚台という大きな岩があり、胎内潜りは狭いチムニー(煙突)状の岩場に鎖があります。
胎内潜りの上(裏)からは上級者向けで、三本の鎖が連続する最上部へ登れるそうです。
一般登山者は岩峰の西側から巻き道を辿ります。
山頂からは三峰山や子持山を望むことが出来ます。

ぐんま百名山まるごとガイド
山と高原地図谷川岳苗場山・武尊山
沼田市公式ホームページ
ほか参照

『迦葉山』駐車場への地図

”群馬県太田市上発知町 迦葉山駐車場”

50~60台、無料、トイレ・自販機なし

== 天狗伝説 ==

宝徳3(1451年)に天巽慶順とその弟子中峰が弥勒寺を訪れ、迎えた慈雲律師は法談問答した後「…今日禅師の来るは仏祖の招きならん。永く当山に常住し迦葉不滅の法燈を継ぎ、[[弥勒]]下生の暁を期し給え」と天巽に言い遺し[[入定]]した。

天巽は中興の祖となり、中峰はこれを補佐するが長年童顔変わらず神童と言われるようになる。

やがて中峰が「私は迦葉仏の化身なり。当世で為すべき事は終わった。今より末世の衆生を救うため昇天せん」と言い残して昇天し、姿を消した跡に天狗面が残っていたためこれを祀るようになったという。

Wikipediaより引用

『迦葉山』に登ってみました!

『迦葉山』レポ

迦葉山

和尚台の胎内潜り

チムニー状の岩場の奥の鎖場じゃよ。
シニア隊員七福神さま

セミシニア隊員1号
ここにハマったまましばらく立往生しました。
(;・∀・)あらあら
セミシニア隊員2号

胎内潜りの上(裏)

1本めの鎖場

セミシニア隊員1号
この鎖を登ると( *´艸`)
大展望よ!
セミシニア隊員2号

赤城山方面子持山方面

セミシニア隊員1号
高さはこわいけれど、狭いことが救いです。
気をつけるんじゃよぉ~。
シニア隊員七福神さま

2本めの鎖場

2本目の鎖場は、断崖絶壁です!2本めの鎖場をクリアした地点からの景色、赤城山方面です。

3本目の鎖場

3本めの鎖場は、今は諦めることにしました。

『迦葉山』山頂を目指します。

セミシニア隊員1号
西側にある、岩峰の巻き道。岩の向こうに標識があります。

足元に注意じゃな。
シニア隊員七福神さま

わぁ( *´艸`)雪ゾーン
セミシニア隊員2号

『迦葉山』登頂!

セミシニア隊員1号
気持ちいい~。

山頂からの眺望

赤城山方面

子持山方面

セミシニア隊員2号
谷川岳方面は木々の向こうで、雪化粧をした山脈が少しだけ見えました。
三等三角点じゃよ。
シニア隊員七福神さま
セミシニア隊員1号
山名標識の向こう側はうっすらと雪景色でした。
葉の上の雪が、氷菓子のようでした。

下山します。

みんなも大好きな尾根歩きだよ♪
セミシニア隊員2号

セミシニア隊員1号
歩きながらも木々の向こうに赤城山が見えました。

弥勒寺が見えてきたのぉ。もうすぐゴールじゃな。
シニア隊員七福神さま

御朱印もいただきました。

結活動記録

迦葉山

ヤマレコMAPスクリーンショット)

山行:1時間47分(+休憩:2時間57分)・消費カロリー:989kcal・累積標高差:415m/431m・歩数:7447

山で見つけた木の実と、ドライフラワー化した紫陽花
セミシニア隊員2号

感想

和尚岩の胎内潜りの上(裏)の最上部へ向かうときのこと。

セミシニア隊員1号
上級者向けの場所に行けるはずがない、でもそう思うのは自分に負けているからではないか・・・。
なかなか筋肉が戻らないのはリハビリを怠けているということではないか・・・。
本当はもうひと踏ん張り前進できたはずだったのではではないか・・・。
云々・・・敗北感が襲ってきました。

アルピニストの野口健氏が何かのテレビ番組で「諦めること」について語っていたのを思い出しました。
ハイテンションになって「行くぞー!」と立ち向うのは事故に合う原因になるといった内容でした。

諦めも肝心なんだと、自分に何度も言い聞かせました。

同時に「登山で1番大事なのはメンタル」といった内容も語ってらして、登山というスポーツの深い面白さを強く感じました。

おわりに

急坂が多く、落ち葉で足場の確認にドキドキする箇所もありました。
筋肉やバランス力に自信のないタイプには、ポールは必需品かと思います。

6+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-冬の散策, 登山, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.