新井ろうばい園

https://aji50life.com

あんなか旬の花巡り『新井ろうばい園』

更新日:

はじめに

市役所に置いてあった〝あんなか旬の花巡り〟というパンフレットに載っていた『新井ろうばい園』に行ってみることにしました。早速出発。

『新井ろうばい園』に行ってみよう!

【目次】
はじめに
ろうばいのマメ知識(2018調べ)
『新井ろうばい園』レポ
『新井ろうばい園』の情報(2018調べ)
おわりに


あんなか旬の花巡り『新井ろうばい園』

ろうばいのマメ知識

別名:カラウメ(唐梅)
英名:ウィンタースウィート

花言葉:奥ゆかしさ・慈しみ・先導・先見
開花時期:12月下旬から2月下旬
原産地:中国(江戸時代に日本に渡来)
アロマ効果:鎮静・精神安定・空気清浄
薬効:火傷・解熱・咳を鎮める
誕生花:1月2日・1月5日・1月21日
花名の由来:透明感のある蝋細工のような梅に似た花を咲かせるから・臘月(ろうづき・陰暦の12月)に咲く梅に似た花だから
花色:黄
園芸特性:落葉性で、ほのかな甘い香りがある。耐寒性・耐暑性に強く、初心者でも育てやすい。茶花や生け花にも欠かせない。


『新井ろうばい園』レポ

ボタボタと降っていた雪があがり〝雪とろうばい〟を撮るには絶好のチャンスでした。道中もあちこちに、ろうばいが咲いていました。

『新井ろうばい園』では、この日まだ誰も来ていない状態で、駐車場一面がふわふわの雪でした。やったぁ~っ!早速パチリ。
サクサクと足を踏み入れ梅の近くへ。

新井ろうばい園   新井ろうばい園

1月下旬で、まだ蕾も沢山ありました。ろうばいの木が密な感じもしました。

するとそこへ園の除雪車が入ってきて、駐車場の雪はあっという間になくなりました。間一髪で〝雪とろうばい〟の写真が撮れました!

こちらは先ほど駐車場で咲いていたろうばいの花よりも、花弁が長く内側は赤い色をしています。何かの情報で読んだことがあり、これが原種のろうばいなのかしらと思いました。こちらの花は見ごろでした。実は、ろうばいにも種類があることを、お恥ずかしながら知りませんでした。

新井ろうばい園   新井ろうばい園

『新井ろうばい園』では2種類のろうばいを発見しました。しばらく眺めていたら寒くなってきたので、帰りました。


『新井ろうばい園』の情報

見ごろ:1月中旬から2月上旬
敷地面積:2.000㎡(ろうばい700株7.000本)
入園料:無料(直売所では、切り花・苗木・地野菜などの販売もあり)
トイレ:あり
駐車場:無料
所在地:群馬県安中市松井田町
問合せ:群馬県安中市産業部商工観光課

『新井ろうばい園』への地図

”安中市 新井ろう梅園”

 


おわりに

今回は雪が降り売店も休業で、例年の様子はわかりませんが、広い空と澄み張った痛いような空気も気持ち良く、ろうばいもとても綺麗でした。

5+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-冬の散策, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.