https://aji50life.com

雨あがりの花探し:カッコソウ蕾『鳴神山』7.9km

更新日:

雨あがりでも、初心者コースなので歩きやすく、関東百名山で、新花の百名山で、ぐんま百名山で、カッコソウの咲く『鳴神山』を散策してきました。

『鳴神山』に行ってみよう!

駒形登山口の駐車スペースに車を止めて、沢沿いを時計まわりで散策しました。

カッコソウ復元地

カッコソウ(サクラソウ科)
国内希少野生植物種に指定され、鳴神山系だけに生育している日本固有の植物です。

(画像左上カッコソウ復元地の看板より抜粋)

よく見ると蕾がありました。
今年は開花がとても遅いのだそうです。

第二展望台から

第一展望台から

鳴神山『仁田山岳』頂上

見上げると...

ピンク色の空

セミシニア隊員1号
ε-(´∀`; )カメラの腕が未熟で画像が今ひとつですねぇ。

鳴神山『桐生岳』頂上

360度の展望に曇り空...ですがアカヤシオのピンク色に心が弾みます。
上州方面です。

次は、鳴神山のベテラン風ハイカー女性から、ここからこう撮るようにと言われた景色です。
先程までいた仁田山岳です。
ピンク色に染まった仁田山岳です。

花々

ネコノメソウ・ヒトリシズカ・ミヤマキケマン・・・

スミレにも色々な種類がありました。
白のヒトツバエゾスミレ『ナルカミスミレ』は見つけることができませんでしたが、こんな可愛らしいスミレも見つけました。

ヒゲネワチガイソウ

トウゴクサバノオ

ヒトツバナ

マムシグサ

ウラシマソウ

仲良しなウラシマソウ

生き物

大きなカエルと、オオルリ

シニア隊員七福神さま
オオルリは、ウグイス、コマドリと、日本三鳴鳥だそうじゃよ。

活動結果

スタート:9:29
ゴール:15:26
休憩時間:2時間程度
距離:5.6km・活動距離:7.9km
標高:桐生岳980m
累積標高差:736m/717m
消費カロリー:1.566kcal
歩数:13.000歩程度

(YAMAPスクリーンショットより)


おわりに

林道や樹林帯が長く、その間に沢山の花々が見つけられました。
帰宅後も、花の本を眺めて花名や由来などを調べたり、山から離れても楽しめる百名山でした。

4+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-春の散策, 登山, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.