https://aji50life.com

五十路女子のふたり旅『碓氷峠アプトの道』20.0km

更新日:

碓氷峠のアプト式鉄道
アプト式とは、急勾配に対応するために、歯車の位置に工夫の施されたもの。
碓氷峠では3組のラックピニオンを120度ずらして使用していた
ラックレールの位置が左右のレールより高いことも、特徴のひとつ。
標高差500m強の碓氷峠を走るアプト式鉄道は、明治26年に完成し、明治45年から昭和38年まで使われていた。

登山列車の走っていた線路よねっ。
セミシニア隊員2号

『遊歩道 アプトの道』は、廃線になった旧信越本線の線路を利用した、横川から熊ノ平まで続くウォーキングコースです。
セミシニア隊員1号
アプトの道から、めがね橋や旧丸山変電所はもちろん、碓氷関所跡や碓氷湖一周、峠の釜めし堪能など、周辺の見どころをゆっくり観光散策してきましたので、レポートいたします。

『碓氷峠アプトの道』を探訪してみよう!

横川駅の駐車場(無料)に車を停め、峠路探訪 ウォーキング・トレイル アプトの道(起点)からスタートです。
観光案内所でコース案内のガイドチラシをいただき、いざ!

『碓氷峠鉄道文化むら』

昔、娘たちや甥たちが、じーちゃんばーちゃんに連れてきてもらいました。
そんな風にして、安中市の子育て世帯にも欠かせない、みんなも大好きな鉄道文化のテーマパークです。

シニア隊員七福神さま
アプト式鉄道が展示されているそうじゃ。

アプトの道から『碓氷峠鉄道文化むら』の眺め

『碓氷関所跡』

上毛かるた「う」の「碓氷峠の関所跡」
西門は徳川幕府、東門は安中藩、国境の関所跡。

碓氷関所は1616年、江戸幕府によって設置されました。
中山道は特に重要な交通路であったため、関東出入国の関門として、幕府は「入鉄砲と出女」を厳しく監視しました。
東西に門があり、西を幕府が、東を安中藩が守っていました。
碓氷関所跡/安中市HPより

おじぎ石
通行人はこの石に手をついて手形を差し出し通行の許可を受けた/松井田町教育委員会

『旧丸山変電所』

『旧丸山変電所』
明治44年建造の国の重要文化財。
準煉瓦造りの蓄電池室と機械室。


シニア隊員七福神さま
毎年秋には内部も公開されるそうじゃよ。


アプトの道をズンズン歩いて行きます。

おしゃべりしながら...花を見つけては中断、景色を見つけては中断。
中断後は新しい話題のおしゃべりが始まる...(๑˃̵ᴗ˂̵)
セミシニア隊員2号

するとその時!
ピンク色のキノコを見つけました。

セミシニア隊員1号
ハナオチバタケ
食べられないけれど、水分が少ないので押し花にできるそうです。


ここから10のトンネルをくぐります。

『碓氷湖』

休憩も兼ねて、湖畔のあずま屋で、ココアとクロワッサンの軽ランチ。
湖畔一周散策

鏡のような湖面眺めたり

森林浴もできたり

湖畔にもトンネルがあったのにはビックリでした。

『碓氷湖』での約束
●ゴミや空き缶などは持ち帰る
●タバコの吸い殻を捨てない
●バーベキュー・花火・焚き火は禁止

ヤマビルや熊に注意の看板あり
噂の通りトイレがキレイ!

セミシニア隊員1号
よろしかったら、こちらもどうぞ。
秋の『碓氷湖』


5号トンネルを抜けると...

「あ、雨あがってるみたいよ。」「どこどこ、ホント?」のワンシーン。

『めがね橋』

『めがね橋』
碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)
200万8.000個のレンガで造られた、日本最大の4連アーチ式鉄道橋。
明治25年に完成した国の重要文化財
碓氷線シンボル

セミシニア隊員1号
紅葉シーズンは特に賑わう観光スポットです。

『めがね橋』の上で

『めがね橋』の下で

アプトの道に戻って、6号トンネルへ。

トンネルをぬけると、今度は鹿がいました!

『旧熊ノ平駅』

アプト式開通の碑

今は、アプトの道の折返し地点。

元気な五十路、元気に折り返す(笑)
セミシニア隊員2号


トンネルの中から、次のトンネルとその向こうの景色まで見える、撮影ポイント

トンネルの灯りも綺麗です。

アプトの道トンネル内照明は、午後6時にて消灯。

「消灯までに往復しなくちゃ!」と焦る五十路たち(*´∀`*)
セミシニア隊員2号

『天然温泉峠の湯』

売店で釜めしを購入(横川駅向かい側にある、元祖峠の釜めし『おぎのや』の閉店時間に間に合わないため)、『碓氷峠の森公園』で早晩ごはん。

シニア隊員七福神さま
『くつろぎの郷』の貸コテージ(フィンランド風ログハウス)は宿泊可能じゃて。

『坂本宿』

所々に昔ながらの風景が残っていました。

アプトの道で咲いていた花々


活動記録

スタート:9:11
ゴール:18:29
距離:16.9km
活動距離:20.0km
累積標高差:561m/562m
消費カロリー:1.255kcal
歩数:29.500歩くらい

(YAMAPスクリーンショットより)


おわりに

小雨が降っていたので、足元の滑りやすい場所もありましたが、運動靴でも大丈夫でした。

セミシニア隊員1号

前回の五十路女子のふたり旅は、こちらよっ。
『高崎観音山』で満開の櫻井ハイク8.3km
セミシニア隊員2号

5+
  • この記事を書いた人

群馬の見どころ散策隊セミシニア隊員1号

群馬県民歴50年。覚え始めの一眼レフを片手に、リハビリ登山をしながら、四季の景色も楽しんでいます。上級シューフィッター・シニア専門シューフィッター・幼児子どもシューフィッター・フスフレーガー・足育アドバイザー®・アシスタントシューカウンセラー

-夏の散策, 山散歩, 群馬の四季を散策
-,

Copyright© 50歳からの楽しいおでかけブログ , 2021 All Rights Reserved.